ハーブコーディネーターについて

概要・特徴


ハーブコーディネーターとは、世界に4万種あるといわれている
「ハーブ」についての知識を深め、料理や薬膳、アロマテラピー
などに役立てる手法を身に着けている「ハーブの専門家」の事です。

資格と言っても、他の資格のように堅苦しいものではなく、むしろ
趣味を実益に活かせる為、女性だけではなく男性にも人気があります。

こんな人達がハーブコーディネーターの資格を取得されてます。
・調理師の方が、料理のバリエーションを増やす為にハーブの知識を習得
・お茶好きの人が、ハーブティーを自作するための知識と技法を習得
・ガーデニングが趣味の人が、アロマ効果の高いハーブを栽培してグッズを作成
・フラワーアレンジメントを趣味としている人が、ハーブを活かしたアレンジメントを作る
等々。


資格取得について


ハーブコーディネーターになるには、『日本園芸協会』が主催している
「ハーブコーディネーター養成講座」で資格を取得する必要があります。
<↓ハーブコーディネーターの資料請求はこちら↓>




「ハーブコーディネーター養成講座」の資料請求は、上記バナーから
アクセスして頂き、「美容・健康・生活」コーナーの「アロマ・リフレ」
をクリックして頂くと、下から2段目に「ハーブコーディネーター養成講座」
資料請求先へとリンクしております。

資格の活かし方


ハーブコーディネーターの資格を活かし方は様々ですが、代表的なものとして
・ハーブを使ったアロマセラピーのレシピを紹介→本の出版
・ハーブを使った料理レシピの紹介→本の出版
・カフェオーナーが、ハーブティーのメニューを追加して集客力を強化
・ハーブを栽培して、ドライハーブを通販で販売
・ハーブの活用法について、地元の勉強会などで講師を務める
・地元でハーブ園を開業。栽培したハーブを活かした商品の販売
等々。

基本的に「すでに飲食店を経営してる人」が、資格を活かしてると思われがちですが、
そうでない人もハーブコーディネーターの資格を活かして、
自分の好きなことを実益に結び付けている人達がたくさんいらっしゃいます。

あなたも是非、趣味と実益を兼ねたハーブコーディネーターを取得してみて下さい。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。